バイク・ウェブのTOPに戻る
「バイク・ウェブ」トップ >  大型(ビッグ)スクーターをゲットする > スズキ大型(ビッグ)スクーターのご紹介


スズキ大型(ビッグ)スクーターのご紹介

スズキ スカイウェイブ最近大型(ビッグ)スクーターが注目を集めています。中には130万円以上もする大型(ビッグ)スクーターもあり、価格的には小型の四輪自動車より高くつきます。
しかしガソリンの高騰に伴って、低燃費であり速度にも満足できる大型(ビッグ)スクーターはますます人気となっているのです。

そこで、スズキで販売している大型(ビッグ)スクーターのご紹介をしましょう。
スズキは、走行性能や充実装備はもちろん、フィードバック制御システムを搭載し環境性能に優れたスクーターを製造しています。

スズキ大型(ビッグ)スクーターの車種は、アドレス、レッツ、スカイウェイブなどがありますが、中でも人気上昇中なのがスカイウェイブです。
スカイウェイブには250cc〜650ccまでいろいろな排気量があり、価格もさまざまです。もともとスカイウェイブは通勤用スクーターとして開発されましたが、次第にファッション性を重視するようになり、今では若者向けのデザインが進化し続けているのです。特に、非常にスポーティーで走行性能の高いのが250ccのスカイウェイブSSで、ライダー向けと言えるでしょう。車両本体価格は、67万950円となっています。

また、夫婦でゆったり仲良くツーリングに出掛けるなら、スカイウェイブ650ccがおすすめです。大型タンデムバックレストも装備し二人乗りも楽に出来ます。

このようにさまざまな種類があるスズキ大型(ビッグ)スクーターは、機能性にもデザイン性にも優れており二人乗りにはたいへんおすすめなスクーターです。まずは、夫婦二人で、またはカップルで試乗して一体感を楽しんでみませんか。

関連コンテンツ

大型(ビッグ)スクーターの魅力とは

スクーターは年齢・性別を問わず人気の二輪車です。小型で気軽に乗れることや、特に女性にとっては足を揃えたまま走行するので、スカートをはいていても乗れるというのが爆発的な人気の理由でしょう。 1977年・・・

ホンダ大型(ビッグ)スクーターの歴史と車種紹介

人気の大型(ビッグ)スクーターの中でもホンダのスクーターについていくつかご紹介します。 初めてのホンダ大型スクーターは、1997年5月に発売されたフォーサイトFES250で、水冷4サイクル単気筒・・・

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターの紹介

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターは、ホンダやスズキにも劣らず人気となっています。他社に対抗しながら、進化してきた成果でしょう まず125ccのシグナスシリーズは、安定性がありながら気軽にスピード感も味・・・

大型(ビッグ)スクーターのさまざまな面からの比較

最近人気の大型(ビッグ)スクーターを色々な面から比較してみましょう。 まずは雑誌の「スクーターファン」などを見るのが手っ取り早いでしょう。250cc、500cc、600ccといった排気量の違いに・・・

大型(ビッグ)スクーターの免許の種類

大型(ビッグ)スクーターに乗るためには、AT(オートマチック)限定自動二輪免許が必要です。この免許は平成17年6月に設けられ、それまでの自動二輪免許とは別になっています。自動変速機が付いていてクラッチ・・・

中古大型(ビッグ)スクーターを購入するポイント

大型(ビッグ)スクーターは、人気に伴ってますます普及するようになりました。 機能性もデザインも改良が進み、次々と新しい大型(ビッグ)スクーターが発売されています。そのため、中古の大型(ビッグ)スクー・・・