バイク・ウェブのTOPに戻る
「バイク・ウェブ」トップ >  大型(ビッグ)スクーターをゲットする > ホンダ大型(ビッグ)スクーターの歴史と車種紹介


ホンダ大型(ビッグ)スクーターの歴史と車種紹介

ホンダフォルツァ人気の大型(ビッグ)スクーターの中でもホンダのスクーターについていくつかご紹介します。

初めてのホンダ大型スクーターは、1997年5月に発売されたフォーサイトFES250で、水冷4サイクル単気筒エンジンを搭載したものでした。それまでの50ccスクーターは、女性が気軽に買い物に乗っていくというイメージが強いものでしたが、ホンダの大型スクーターはツーリング用として考案されました。もちろん、通勤・通学にも適した経済的で扱いやすいスクーターとなっています。販売計画は国内で年間8,000台というものだったのです。価格は479,000円で当時の大型スクーターの標準価格と言えます。

次に発売されたのは2000年3月のフォルツァです。排気量250ccで水冷4ストロークエンジンを搭載しています。また、排出ガス浄化システムとして二次空気導入装置を採用し、環境性能にも優れたスクーターとなっています。
フォルツァのデザインはフォーサイトよりもスピーディでスタイリッシュなイメージで、ホンダの大型スクーターの中でも一番の人気シリーズなのです。価格は539,000円で多少高めに設定されました。

2001年には排気量600ccの新型シルバーウィングが発売されました。発売当時はスクーターとして世界最大の排気量で、水冷4ストロークDOHC2気筒エンジンを搭載しています。シルバーウィングは環境性能にも優れており、走行は軽快で安定しているため、二人乗りで快適な遠距離ツーリングを楽しめる大型スクーターとなっています。

関連コンテンツ

大型(ビッグ)スクーターの魅力とは

スクーターは年齢・性別を問わず人気の二輪車です。小型で気軽に乗れることや、特に女性にとっては足を揃えたまま走行するので、スカートをはいていても乗れるというのが爆発的な人気の理由でしょう。 1977年・・・

スズキ大型(ビッグ)スクーターのご紹介

最近大型(ビッグ)スクーターが注目を集めています。中には130万円以上もする大型(ビッグ)スクーターもあり、価格的には小型の四輪自動車より高くつきます。 しかしガソリンの高騰に伴って、低燃費であり速・・・

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターの紹介

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターは、ホンダやスズキにも劣らず人気となっています。他社に対抗しながら、進化してきた成果でしょう まず125ccのシグナスシリーズは、安定性がありながら気軽にスピード感も味・・・

大型(ビッグ)スクーターのさまざまな面からの比較

最近人気の大型(ビッグ)スクーターを色々な面から比較してみましょう。 まずは雑誌の「スクーターファン」などを見るのが手っ取り早いでしょう。250cc、500cc、600ccといった排気量の違いに・・・

大型(ビッグ)スクーターの免許の種類

大型(ビッグ)スクーターに乗るためには、AT(オートマチック)限定自動二輪免許が必要です。この免許は平成17年6月に設けられ、それまでの自動二輪免許とは別になっています。自動変速機が付いていてクラッチ・・・

中古大型(ビッグ)スクーターを購入するポイント

大型(ビッグ)スクーターは、人気に伴ってますます普及するようになりました。 機能性もデザインも改良が進み、次々と新しい大型(ビッグ)スクーターが発売されています。そのため、中古の大型(ビッグ)スクー・・・