バイク・ウェブのTOPに戻る
「バイク・ウェブ」トップ >  大型(ビッグ)スクーターをゲットする > ヤマハ大型(ビッグ)スクーターの紹介


ヤマハ大型(ビッグ)スクーターの紹介

ヤマハマグザムヤマハ大型(ビッグ)スクーターは、ホンダやスズキにも劣らず人気となっています。他社に対抗しながら、進化してきた成果でしょう
まず125ccのシグナスシリーズは、安定性がありながら気軽にスピード感も味わえるスクーターで、3種類発売されました。シグナスX(FI)は都会的でスポーティ、シグナスXSRI(FI)は赤と黒のツートンカラーが精悍なイメージ、そしてシグナスXは耐久性に優れたブレーキと足回りの充実、とそれぞれに特徴があります。「走りもサイズもちょうどいい」というキャッチコピーのシグナスXは、ロングセラー商品でしたが現在は国内の生産を終了しすべて台湾で製造しています。

ヤマハでは、他に250ccレベルのマグザムを発売しています。2005年4月の高速道路二人乗り解禁に合わせて登場したこのヤマハ大型スクーターは、二人乗りをした時の快適性に重点を置き低く構えたデザインがカッコイイと評判です。また中低速域で抜群のパワーを発揮し、街中を二人乗りで走るためのスクーターとも言えます。

ヤマハ大型スクーターには他に250ccのマジェスティーがあります。スポーツセダンタイプですが、単に快適やスポーティといった言葉では表せない高次元の走りと美しいフォルムで、くつろぎと刺激を与えてくれる大型スクーターです。
250ccでは物足りないという人には、ヤマハグランドマジェスティー400がおすすめです。重厚感のあるボディとゆとりの排気量によって、さらに快適になりました。街中でも高速道路でも峠道でも、ゆとりを感じられる安定した走行を体感できるのです。グランドマジェスティーは、ダークグレーメタリックとグリニッシュホワイトカクテルというカラーバリエーションが人気となっています。

関連コンテンツ

大型(ビッグ)スクーターの魅力とは

スクーターは年齢・性別を問わず人気の二輪車です。小型で気軽に乗れることや、特に女性にとっては足を揃えたまま走行するので、スカートをはいていても乗れるというのが爆発的な人気の理由でしょう。 1977年・・・

スズキ大型(ビッグ)スクーターのご紹介

最近大型(ビッグ)スクーターが注目を集めています。中には130万円以上もする大型(ビッグ)スクーターもあり、価格的には小型の四輪自動車より高くつきます。 しかしガソリンの高騰に伴って、低燃費であり速・・・

ホンダ大型(ビッグ)スクーターの歴史と車種紹介

人気の大型(ビッグ)スクーターの中でもホンダのスクーターについていくつかご紹介します。 初めてのホンダ大型スクーターは、1997年5月に発売されたフォーサイトFES250で、水冷4サイクル単気筒・・・

大型(ビッグ)スクーターのさまざまな面からの比較

最近人気の大型(ビッグ)スクーターを色々な面から比較してみましょう。 まずは雑誌の「スクーターファン」などを見るのが手っ取り早いでしょう。250cc、500cc、600ccといった排気量の違いに・・・

大型(ビッグ)スクーターの免許の種類

大型(ビッグ)スクーターに乗るためには、AT(オートマチック)限定自動二輪免許が必要です。この免許は平成17年6月に設けられ、それまでの自動二輪免許とは別になっています。自動変速機が付いていてクラッチ・・・

中古大型(ビッグ)スクーターを購入するポイント

大型(ビッグ)スクーターは、人気に伴ってますます普及するようになりました。 機能性もデザインも改良が進み、次々と新しい大型(ビッグ)スクーターが発売されています。そのため、中古の大型(ビッグ)スクー・・・