バイク・ウェブのTOPに戻る
「バイク・ウェブ」トップ >  大型(ビッグ)スクーターをゲットする > 大型(ビッグ)スクーターのさまざまな面からの比較


大型(ビッグ)スクーターのさまざまな面からの比較

ビッグスクーター最近人気の大型(ビッグ)スクーターを色々な面から比較してみましょう。

まずは雑誌の「スクーターファン」などを見るのが手っ取り早いでしょう。250cc、500cc、600ccといった排気量の違いによってメーカー別に詳しく分析、比較しています。
また、500cc以上の大型スクーターを比較するならば、ヤマハはグランドマジェスター400、ホンダならシルバーウィング400または600、スズキはスカイウェイブ650となります。もちろん、人によってはメーカーのこだわりもあるでしょう。

価格面からの比較ならば一番高いのはスズキのスカイウェイブで90万円を超えます。次にヤマハのグランドマジェスティー400が70万円程度です。パワフルで安定性のある走行のスクーターとしては、お手ごろな価格と言えるでしょう。グランドマジェスターはシート調節が少し低めで、ホンダやスズキとは違う点です。
また、始動方式も各メーカーで違っており、スズキはセルフ式、ホンダシルバーウィングとヤマハグランドマジェスター400はセル式です。

ビッグスクーター次に車体の大きさを比較します。スズキが高さ、幅ともに一番大きくラゲッジボックスは55Lです。ホンダシルバーウィングは400ccも600ccも同じ大きさです。ラゲッジボックスはスズキと同様55Lとなっています。これらの大型スクーターで一番コンパクトなのはヤマハですが、60Lのトランクが付いていて荷物入れ部分は大きくなっています。エンジンに関しては、すべて同じDOHC4サイクル4バルブが搭載されており、安定性はほぼ同じと言えます。いずれの大型スクーターも、購入前に各メーカーの試乗会に参加するなどして、良さを体感してから選ぶのがいいでしょう。

関連コンテンツ

大型(ビッグ)スクーターの魅力とは

スクーターは年齢・性別を問わず人気の二輪車です。小型で気軽に乗れることや、特に女性にとっては足を揃えたまま走行するので、スカートをはいていても乗れるというのが爆発的な人気の理由でしょう。 1977年・・・

スズキ大型(ビッグ)スクーターのご紹介

最近大型(ビッグ)スクーターが注目を集めています。中には130万円以上もする大型(ビッグ)スクーターもあり、価格的には小型の四輪自動車より高くつきます。 しかしガソリンの高騰に伴って、低燃費であり速・・・

ホンダ大型(ビッグ)スクーターの歴史と車種紹介

人気の大型(ビッグ)スクーターの中でもホンダのスクーターについていくつかご紹介します。 初めてのホンダ大型スクーターは、1997年5月に発売されたフォーサイトFES250で、水冷4サイクル単気筒・・・

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターの紹介

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターは、ホンダやスズキにも劣らず人気となっています。他社に対抗しながら、進化してきた成果でしょう まず125ccのシグナスシリーズは、安定性がありながら気軽にスピード感も味・・・

大型(ビッグ)スクーターの免許の種類

大型(ビッグ)スクーターに乗るためには、AT(オートマチック)限定自動二輪免許が必要です。この免許は平成17年6月に設けられ、それまでの自動二輪免許とは別になっています。自動変速機が付いていてクラッチ・・・

中古大型(ビッグ)スクーターを購入するポイント

大型(ビッグ)スクーターは、人気に伴ってますます普及するようになりました。 機能性もデザインも改良が進み、次々と新しい大型(ビッグ)スクーターが発売されています。そのため、中古の大型(ビッグ)スクー・・・