バイク・ウェブのTOPに戻る
「バイク・ウェブ」トップ >  大型(ビッグ)スクーターをゲットする > 大型(ビッグ)スクーターの免許の種類


大型(ビッグ)スクーターの免許の種類

ビッグククーター大型(ビッグ)スクーターに乗るためには、AT(オートマチック)限定自動二輪免許が必要です。この免許は平成17年6月に設けられ、それまでの自動二輪免許とは別になっています。自動変速機が付いていてクラッチ操作が必要のない二輪車、すなわちAT(オートマチック)用なのでスクーターの運転が出来るわけです。
大型スクーターは低燃費で保管場所をとらないためますます需要が高まり、それに合わせて新設された免許がAT(オートマチック)限定自動二輪免許なのです。

AT(オートマチック)限定自動二輪免許には次の三種類があります。

。腺(オートマチック)小型限定普通自動二輪免許:125ccまで運転できます。
■腺(オートマチック)限定普通自動二輪免許:400ccまで運転できます。
AT(オートマチック)限定大型自動二輪免許:650ccまで運転できます。

現在、日本国内では650cc以上のオートマチックバイクは製造されていないため、オートマチック限定大型自動二輪免許は650ccまでしか乗れないという650cc限定免許となっています。650ccを超えるオートマチックバイクに乗る場合、今のところは大型自動二輪免許が必要となっています。

AT(オートマチック)限定の自動二輪免許の取得は、これまでの大型自動二輪免許に比べてはるかに簡単になり教習時間も少なくて済みます。それは、クラッチ操作が必要ないからなのですが、スクーターの構造面から見ると直進は安定していても小回りが利かない点においては多少難しく気を付けなければいけません。
最近の自動車教習所では、AT(オートマチック)限定自動二輪免許と普通自動車免許をセットで取得する講習のコースも設定されるようになりましたので、検討されてみてはいかがでしょうか?

関連コンテンツ

大型(ビッグ)スクーターの魅力とは

スクーターは年齢・性別を問わず人気の二輪車です。小型で気軽に乗れることや、特に女性にとっては足を揃えたまま走行するので、スカートをはいていても乗れるというのが爆発的な人気の理由でしょう。 1977年・・・

スズキ大型(ビッグ)スクーターのご紹介

最近大型(ビッグ)スクーターが注目を集めています。中には130万円以上もする大型(ビッグ)スクーターもあり、価格的には小型の四輪自動車より高くつきます。 しかしガソリンの高騰に伴って、低燃費であり速・・・

ホンダ大型(ビッグ)スクーターの歴史と車種紹介

人気の大型(ビッグ)スクーターの中でもホンダのスクーターについていくつかご紹介します。 初めてのホンダ大型スクーターは、1997年5月に発売されたフォーサイトFES250で、水冷4サイクル単気筒・・・

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターの紹介

ヤマハ大型(ビッグ)スクーターは、ホンダやスズキにも劣らず人気となっています。他社に対抗しながら、進化してきた成果でしょう まず125ccのシグナスシリーズは、安定性がありながら気軽にスピード感も味・・・

大型(ビッグ)スクーターのさまざまな面からの比較

最近人気の大型(ビッグ)スクーターを色々な面から比較してみましょう。 まずは雑誌の「スクーターファン」などを見るのが手っ取り早いでしょう。250cc、500cc、600ccといった排気量の違いに・・・

中古大型(ビッグ)スクーターを購入するポイント

大型(ビッグ)スクーターは、人気に伴ってますます普及するようになりました。 機能性もデザインも改良が進み、次々と新しい大型(ビッグ)スクーターが発売されています。そのため、中古の大型(ビッグ)スクー・・・